NOAH'S ARK Inc.

0120-056-085 受付時間:平日10:00〜18:00(土日祝日除く)

お問い合わせ

お知らせ・ブログ

  • 不動産ローン お困りですか? ノアーズアークが解決します
  • 家系のやりくりアドバイス
お問い合わせ

0120-056-085 受付時間:平日10:00〜18:00(土日祝日除く)

株式会社ノアーズアーク
〒662-0854
西宮市櫨塚町1番14号 KOEIビル2F
TEL:0798-22-2285
FAX:0798-22-2284
http://www.noahsark.co.jp
採用情報
一覧へ戻る

相続


2017年1月27日

相談事例 再婚した夫と共有名義の不動産が・・

663816.jpg

一番相談で多いのが兄弟姉妹で不動産のかかわる相続です。
その次が、再婚をされている夫婦の不動産相続ですね。

先日、ご相談いただいた方はご夫婦共に再婚同士で、子どもはありませんでした。
残念なことに、ご主人が突然亡くなられてしまったのです。
共有名義の家に今まで夫婦で生活されていたのでこれからも住み続けたいと考えていたら、前妻の子どもから遺産相続の申し出があったのです。
まー、子どもさんからすれば、当然の権利ではあるんですけど。
奥様はかなり困惑されていましたし、全くお話もされたことがないので驚いていました。

再婚同士や子どもがいない夫婦が増えています。
再婚でどちらかに前妻(夫)の子どもがいる場合は、法定相続分を渡す必要があります。
今回の事案では、前もっての正式な準備はされていなかったのですが、
たまたま興味本位でエンディングノートの作成をされていました。
家は妻に残すように・・とのコメントが残っていました。
心の折れそうな奥様を、頑張ってサポートしたつもりです。

そして、前妻の子どもさんがお父様の気持ちや状況を理解してくださいました。
遺留分相当分のみお支払をして不動産は奥様の単独名義にされました。
弁護士に交渉を御願いすることにもならず、無事に相続の問題は解決できました。

少しボタンが掛け間違えると悪い方向へ進んでしまいます。
ご夫婦で生命保険などでお金を用意しておくこと。
子どもがいなくても、兄弟姉妹がいればもめごとが起こる場合も。遺言を残すのがベストです。

不動産の相場、相続に拘わる法律、プロに相談することで円満に解決できる可能性が広がると信じています。
また、そうなるように大胆にもなり、繊細かつ丁寧に進めるように心がけています。