NOAH'S ARK Inc.

0120-056-085 受付時間 10:00〜18:00

お問い合わせ

お知らせ・ブログ

  • 不動産ローン お困りですか? ノアーズアークが解決します
  • 家系のやりくりアドバイス
お問い合わせ

0120-056-085 受付時間 10:00〜18:00

株式会社ノアーズアーク
〒662-0854
西宮市櫨塚町1番14号 KOEIビル2F
TEL:0798-22-2285
FAX:0798-22-2284
http://www.noahsark.co.jp
採用情報
一覧へ戻る

相続


2019年12月16日

金銭・介護負担は遺産分割のときに考慮されるのでしょうか?

1124873.jpg西宮市に在住されている中田様(仮名・50代)がご相談に来られました。
中田様のお父様は遺言を残されないままご病気でお亡くなりになられました。お父様の遺産は会社と住んでいたご自宅と少しの預金。長男である中田様がお父様の事業を継ぎ、自身のお金を事業に注ぎ込んでおられました。その他、病気治療の医療費や介護費用の立て替えもされ、介護は奥様がされておられました。
お父様の死後、遠方にお住いの弟様と妹様から連絡があり遺産は3等分されるのか?との質問が・・中田様は3等分では違和感があると悩んでおられました。

このような場合、治療費の立て替え分や介護の労力を寄与分として裁判所に申請することもできるのですが、今回はそこまでせず当社からお兄様の寄与分の妥当なラインをアドバイスさせていただきました。それを元に兄弟間で話し合いをされたところお兄様の負担分を2割程度とし、当社でお父様のご自宅を処分。そこからまず2割をお兄様へ渡し、残りの8割を兄弟で3等分することで解決することができました。

遺言書が無い場合、生前に金銭や介護負担をした人とそうでない人が遺産を均等に分けるには不公平感が出てくる場合もあります。
早めにご相談いただいたことでご兄弟が気持ちよく円満解決に至りました。